モグラの手も借りたい

日常の疑問にお答えする情報を発信しています。

夏の旅行やイベント

花火大会で東京の穴場と言えば江東のココ!空いてて屋台も楽しめる!

投稿日:

花火大会 東京 穴場 江東 屋台

「東京の花火大会に行きたいけど、どこも混雑していて大変そうだよな……」

 

東京の花火大会といったら、隅田川花火大会が特に有名ですよね。

その花火の多さとキレイさもさることながら、何十万人もの見物客で大混雑することでもよく知られています。

(隅田川花火大会の人出は、約96万人です)

 

でも、東京の花火大会でも、そんなに人が来なくて、あまり混雑しないイベントもあるんです。

 

ここでは、その花火大会について、おすすめの見物スポットや穴場、屋台についての情報を紹介しますね。

都心で働いている方なら、時間の都合がつけば、仕事帰りに立ち寄ることもできますよ。

スポンサードリンク

花火大会であまり混雑していない東京の穴場といったらココがオススメ!

その、あんまり混雑しない東京の花火大会というのは、『江東花火大会』です。

 

東京メトロ東西線の南砂町駅に近い荒川で開催される花火大会なのですが、毎年8月頭の平日に開かれるので、東京のイベントにしては人出が少ないんです。

地元の人のための大会といった感じですが、打ち上げられる花火は約4,000発ですから、ショボいなんてことはありません。

 

どこで開催されるのかは、こちらの地図を参考にどうぞ。

> 江東花火大会の開催場所の地図

 

荒川に浮かぶ船から打ち上げられる花火を、すぐそばの川辺から至近距離で楽しめるんですよ。

その距離150メートル!

腹に響く大音響、川面に映るスターマインと、見応え充分の光の演出を1時間堪能できます。

まさに、東京で開かれる穴場的花火大会だと思います。

 

シート敷いて場所取りした人たちは、真上に上がる花火を見るために、自然と横になっていますね。

場所取りまではしなくても、一時間ほどのイベントですから、帰りに寄っていって立ち見をするというのもいいと思います。

それでも、間近から楽しめますよ。

 

遅めに行っても場所取りには苦労しませんので、仕事帰りに行ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

参考までに、2017年の江東花火大会の日程等を紹介しておきますね。

開催日:2017年8月1日(火)

開催時間:19:30~20:30

開催場所:荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)

※最新情報は、公式サイトなどで確認して下さい。

 

江東花火大会の穴場スポットはコチラ!

江東花火大会というのは、そこまで混雑しないとはいえ、大勢で行くのなら早めに行って場所取りした方がいいです。

でも、1人2人分くらいのスペースだったら、遅めに行っても場所取りには苦労しません。

開始直前だったら河川敷、早めに行ければ堤防の斜面が空いてますね。

 

なので、どの辺が空いている穴場なんだろうとかは、特に考えなくてもいいと思いますが、それでも35万人くらいが集まるイベントですので、人の少ない穴場スポットを紹介しますね。

 

その穴場というのは、対岸の西葛西です。

 

対岸と言っても、西葛西側の河川敷からだと荒川と中川の上を通っている首都高速中央環状線が邪魔で花火がよく見えません。

ですから、その高速の高架下に行くといいんです。

高速の高架下へは、すぐ近くの葛西橋から行けますよ。清砂大橋からは行けませんので注意して下さい。

 

そこでは多くの人が道の脇にシートを敷いて花火を見ていました。

そこはそれなりに混雑はしますけど、開始30分前に行っても場所取りできたくらいです。

 

でも、西葛西側に行く場合、そちらには屋台は出ていません。

飲食しながら花火を見たいのでしたら、近くのお店で買い物してから行くといいでしょう。

イオン葛西店などが近くにありますよ。

 

それと、穴場というか、江東花火大会を見る場所についての注意点なのですが、ここで見たほうがいい、こっちでは見ないほうがいいっていうポイントがあるので紹介しておきますね。

 

まず、絶対にこのあたりで見たほうがいいっていうポイントですが、それは『葛西橋と清砂大橋の間』です。

打ち上げスポットに近いですし、2つの橋の外側からだと、橋が邪魔になって見えづらいからです。

 

そして、こっちでは見ないほうがいいという場所ですが、それは『葛西橋よりも北』です。

これは特に気をつけて欲しい注意点になっています。

 

なぜかというと、夕方から海風が吹いてきて、川の上流の方には花火の灰が降ってくるからなんです。

見物場所から打ち上げ場所まで約150メートルという激近で見られるだけあって、花火の灰はすごいですよ。

目には入るし、服は真っ黒になるしと、大変なことになります。

場所によっては、火の粉も降ってきますね。

 

ですので、風下側の葛西橋よりも北では花火を見ないようにしましょう。


スポンサードリンク

江東花火大会では屋台はここに出ます!

江東花火大会では、南砂町駅側でだけ、東西線の線路沿いに屋台が出ます。

さきほどもちょっと触れましたが、西葛西側では屋台は出ません。

 

荒川の堤防の内側にも、あちこちに屋台が出ますね。

じゃがバターとか、焼き鳥とか、とんこつ焼きラーメンとか、色々でてましたよ。

 

でも、東京の花火大会にしては人出の少なめな穴場イベントですから、屋台の充実度に関しては、そこまで期待しない方がいいですね。

 

まとめ

東京の花火大会でそこまで混雑しない穴場だったら、江東花火大会がオススメです。

8月上旬の平日に開催されるので、そこまで混まないんですよ。

 

江東花火大会を見るのでしたら、葛西橋と清砂大橋の間がベストスポットです。

それ以外だと、首都高速中央環状線の高架下も穴場です。

高架下へは、葛西橋から降りられますよ。

 

江東花火大会では、南砂町駅から荒川にかけての東西線の線路沿いに屋台が出ます。

東京の穴場的イベントですが、それなりにお祭り気分を味わえますね。

 

東京都心で働いている方でしたら、時間の都合が付けば、仕事帰りに立ち寄るのもいいのではないでしょうか。

毎年、8月頭の平日に開催されます。(2017年の開催日は、8月1日の火曜日です)

スポンサードリンク

-夏の旅行やイベント
-

執筆者:

関連記事

海に1歳の赤ちゃんと行く時の持ち物と車での暑さ対策 滞在時間は?

「1歳の子供を連れて海に行くけど、持ち物はどうすればいいんだろう?」   まだまだ赤ちゃんの幼い子供ですから、夏の強い日差しや暑さから守ってあげるために何が必要なのか悩んでしまいますよね。 …

佐倉花火大会 駐車場 穴場 行き方

佐倉花火大会の駐車場ならここ!穴場と徒歩での行き方を比べてみて!

「佐倉花火大会に子連れで行きたいけど、車を停められる駐車場って近くにあるのかなあ?」   佐倉花火大会(佐倉市民花火大会)は、関東で10箇所しかない2尺玉が見られるイベント。子供と一緒に見に …

熊谷うちわ祭の屋台はこの日程の交通規制時間にたくさん出てます!

「熊谷うちわ祭って、屋台はたくさん出るの?」 「屋台は期間中、毎日出てるの?」 「何時ごろに行けば屋台を楽しめるの?」   力強い曳合わせ叩き合いが見られる熊谷うちわ祭は、関東一の祇園として …

隅田川花火大会を座って見れる水戸街道の場所取り時間と持ち物は?

「隅田川花火大会をできれば座って見たいけど、場所取りは大変そうだよな……」 「水戸街道なら場所取りは楽らしいけど、何時くらいに行けばいいんだろう?」   花火がよく見える人気のスポットだと、 …

江戸川区 花火大会 場所取り 時間 屋台 穴場

江戸川区花火大会の場所取りの時間は?屋台は出る?穴場スポットは?

「江戸川区花火大会にデートで行く予定だけど、場所取りに行く時間は何時ごろがいいんだろう?」   江戸川区花火大会は、江戸川を挟んで対岸で行われる市川市民納涼花火大会と合わせると、139万人く …